胡蝶蘭を贈ってみた

MENU

母の還暦祝い

もう数年前のことです。

 

母の還暦祝いにさんざん迷った結果、ブリザーブドフラワーを贈ることにしました。

 

還暦祝いには父・妹・私の主人に子供で行い、ブリザーブドフラワーだけではなく、普段行かないようなちょっと高価な食事会に指輪もプレゼントしました。

 

父に私と妹に任せるから素敵なお祝いにしてくれと頼まれて、あーでもないこーでもないと楽しく決めていた時、はじめはどうせ枯れちゃうから花はもういいかって話していたのです。

 

以前、花はもらっても枯れるのが寂しいと話していたのを覚えていたからです。

 

そんなとき、たまたま造花ではないのに枯れない花があると知る機会があってインターネットで検索…とてもたくさんの検索結果が出てきて、初めてブリザーブドフラワーという物を知りました。今思えば、ちょうどブリザーブドフラワーが出はじめたばかりで、今のように知名度がまだない時でした。

 

元々は生花なのに枯れないなんて凄い!と妹と感動しました。

 

枯れないのなら贈ったらとても喜んでもらえるんじゃないかと即断して、母の好みにも合って家の雰囲気にも合うものを色々探しました。

 

そこで目にとまったのが、黒く塗られた竹で編まれたかごに真っ赤な薔薇が飾られているデザインの物でした。黒と赤に少しの葉の緑が綺麗な商品で一目惚れでした。ちょっと予算オーバーでしたが、どうせ贈るなら納得のいく物がいいよねということで、その商品に決めました。

 

思っていた通り、母にはとても喜んでもらうことができて素敵な還暦祝いができました。

 

そのブリザーブドフラワーは今でも贈ったときの透明の袋に入れられた状態で実家の玄関に飾られています。袋は外さないほうがより長持ちする気がしてと、母は嬉しいことを言ってくれています。

 

数年経った今でも色褪せず綺麗な色形のまま、実家の玄関を素敵な空間にしてくれています。