胡蝶蘭を贈ってみた

MENU

恩師へお贈りした胡蝶蘭、皆に喜んでいただきました。

高校の部活講師の先生が引退される事になりました。

 

先生がコーラス部の講師をされてから、30年。

 

私が学生時代の時は勿論、その何年も前から部活の指導をされていました。

 

私の高校は私立の為、公立高校とは違い先生や職員の方の異動は殆どありません。その為か、卒業してからの学校との結びつきも強く、OG会も定期的に交流会を行っています。

 

先日、先輩から講師の先生が年齢を理由にご退職されるとの連絡が入りました。

 

高校の3年間は部活漬けの毎日を過ごし、大学に入ってからも大学のコーラス部に所属して活動している私です。思い出も大きくて、本当に残念な気持ちとなりました。

 

先生のご退職の会は4カ月後。実は先生主催のコーラス団体のコンサートがその前にあるというので、その翌週にご退職のパーティを催すとの事です。

 

私達のコーラス部OG会も、そのコンサートにご招待を受けました。

 

在学中にも何度か聞きに行ったコンサートですが、市内で一番大きなホールを使い、いつも満員のお客様がいらっしゃる人気の会です。OG会も今回はコンサートにお花をお贈りしたいと先輩から相談されましたが、どんな花が良いのでしょう・・・

 

普通コンサートに贈る花なら、先生に直接お渡しできる花束か花籠、もしくは会場に飾る盛花・フラワースタンドと思います。でも、今回は先生のご退職という事で、お花代もパーティの参加者負担と聞きますから、費用を負担する人達にもどんな花をプレゼントしたか、お知らせしなければいけません。生花はすぐに枯れてしまうので、パーティの時に来る人達には写真を見せるしかないのかな・・・そう思っていた時「胡蝶蘭はどう?」と母から言われました。

 

胡蝶蘭は半年は花が持つと母は言います。

 

これなら、コンサートで贈ったお花を、先生にお願いしてパーティ会場に持ってきていただければ、パーティの参加者にも見ていただけますよね。そして何と言っても豪華!華やかな事がお好きだった先生にはピッタリです。

 

さっそく市内で一番大きな花屋さんに注文に行きました。

 

3本立ての白い大輪胡蝶蘭。大輪って自分が思っていたよりも本当に大きな花で驚きです。

 

花屋さんからコンサートホールに直接送っていただくようにお願いしました。

 

コンサート当日、先生は私達の胡蝶蘭を受け付けの一番目立つ場所に置いて下さりました。色とりどりの花束・花籠の中、シンプルな色の胡蝶蘭は却って目立っていた気がします。

 

そして、パーティでも会場の入り口に飾って貰いましたが、先輩方から「本当に素敵なお花」とお褒めの言葉をいただきました。先生からも「こんな立派な胡蝶蘭は見た事が無いわ。ありがとう。」と言われ嬉しかったです。

 

先生のご退職に、文字通り花を添える事が出来て良かったと思いました。

 

更新履歴